名変の照会書(回答書)作成

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

なんか見知らぬ人から封筒が届いてたので、開けたら家庭裁判所からだった。
ちなみに封筒の個人名は書記官とのこと。
「裁判所」って印刷された封筒で来るわけじゃないんだ。

ちょっと調べたら、この回答書が面談の代わりになるっぽい。
項目も裁判所によっていろいろあって、犯罪歴とか借金とか、その名前にした理由とかいろいろあるみたい。
名変理由によっても変わるみたいだし(「僧侶・神官になった」だったらどんな回答書なんだろう?)

項目としては、軽い気持ちでやってないか、実態がない名前ではないか、多重債務ロンダリングや貧困詐欺ビジネスじゃないかを調べるためなのか
1.本人の申請か?
 →YES。これがNOだと、問答無用で終了
2.変更の理由
 →申立書にも書いたけど、もう少し詳しく。
3.通名(通称)利用してる?
 →YES。一応電気・ガス・給与明細・各種診察券のコピーを添付。
4.別の名前に変えたり戻したりしたくならない?
 →NO。一度変更すると、再度変更するのは非常に困難であることを知ってるかどうかの確認だと思う。
5.最近の写真ある?
 →なければ免許証って書いてあったけど、運転免許取ってないし、住基は5年前で完全に男顔なので、先日縮毛矯正したときに撮影したスナップを印刷。ダメなら証明写真撮ってリトライする。
6.性転換手術する?
 →既にしてる。「今後」って書いてあったから、改名→性変を想定してるっぽい。
7.両親はどう思ってる?
 →一応母に直接聞いて「賛成」の確認を取った。まあ、反対されてたら通名で差し入れ小包や戸籍謄本の入った封筒を送ってくれたりしないよね。
8.ほかに言いたいことはあるかね。
 →空欄。これだけ証拠と理由を出して、ダメと言われたらさすがに打つ手なしだし。

ちなみに改名理由はPCで印刷したものに、手書きの署名(戸籍名=申立人名)と印鑑(回答書・申立書に使ったのと同じもの)を押した。
これで「手書きじゃないからやり直し」とか言われたら…まあ、書き直すけど。