日本学生支援機構(奨学金) 改名・性変手続き

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

銀行口座やクレジットカードの手続きと違って、変更しても何か(通帳などの名前)が変わるわけじゃないけど、しっかりやっておかないといけないので手続き。

まず、日本学生支援機構の各種個人情報変更のうち
・住所
・姓
・勤務先
は、スカラネット・パーソナル(インターネット)でも手続き可能。
さらに、名と性別「以外」は、FAXでもOK。
(以前はFAXか郵送しかなかった気がする。2011年頃に住所変更の手続きした時はFAXだった)

今回はいずれにもあてはまらないので、郵送。
切手は性別変更申立の時のあまりで足りた。簡易書留にするので392円(82円+310円)。
添付する書類によっては25g超えて402円になるかも。

ちなみに、名変+性変の場合の確認書類だけど、いままで手続きした組織とは違って意外なものがリストに入ってる。
それは「名の変更許可審判書謄本」と「性別の取扱いの変更許可審判書謄本」。いずれもコピー可(名変のほうは原本を市町村役所に提出するから絶対コピーになる)。

実は、事前の情報収集で「各種手続きに必要だから」と書かれてて、各3部ぐらい審判書謄本のカラーコピー(印ぐらいしかカラー要素ないけど)を取ったんだけど、結局「住民票原本」「戸籍謄本原本」「住基カードB(写真付き)の両面コピー」のいずれかで手続きしたので丸々余ってた。
(そもそも受付可能なリストに審判書がないし、戸籍変更反映済みなのでダメ元でわざわざ問い合わせるより住民票・戸籍謄本取った方が速かった)

でも、今回は日本学生支援機構が送ってきた書類にしっかりと記載されてるので、堂々と使える。
最悪、戸籍謄本×2(旧名記載かつ性変で除籍されたもの、性変で新しく作られたもの)が必要かもしれないと覚悟してただけに、これはラッキー。

あとはリレー口座の変更手続きだけど、今日はもう時間過ぎたからまた明日にでも。
あ…来週明けぐらいに引き落としだけど大丈夫なのかな?